生活習慣病

生活習慣病について


昔は、成人病と言われていた病気が今や生活習慣病という言葉に変わっています。これは、大人であれば必ずしも罹るわけでもなく、逆に子供でも不摂生な生活を続けていると罹ってしまうリスクもあるのです。今回は、生活習慣病について改めて確認して行きます。

 

生活習慣病は、具体的にどんな疾患を指すのでしょうか。挙げればきりがないのですが、糖尿病や、心臓疾患、またメタボリックシンドロームによって引き起こされる血管の病気なども生活習慣病に該当するでしょう。また、悪性腫瘍などの癌なども生活習慣病の一つと言えそうです。他にも、飲酒による肝臓の疾患や、高血圧など本当に様々なのです。

 

これらは、生活習慣病と言われているように私たちの普段の生活の習慣の蓄積によって引き起こされるものがほとんどです。中には遺伝的な要素が入っている病気もあるでしょうが、ほとんどが不摂生な生活習慣の結果と言って間違いなさそうです。

 

生活習慣病を防ぐためには、普段からしっかりとした生活を営む必要があります。それも毎日です。いきなり、完全、完璧な生活にするのは難しいですので先ずは、軽く運動や野菜を摂取するなどの軽いことから始めていきましょう。

生活習慣病の原因は?

 

生活習慣病の原因とは、生活習慣と言われているようにまさに様々な原因があります。ですが、様々と言っても大体は以下の4つに集約する事が出来ます。

 

まず一つ目は、食生活です。日本人はもともとは塩分が高めの食事をしてきました。そのため、元来は塩分の取りすぎによる高血圧などが問題であったのです。しかし、これも日本人の洋食化によって今度はメタボなどの問題が引き起こされているのです。

 

次に、飲酒の習慣、喫煙の習慣です。敵度なら良いとされている飲酒ですが、やはり飲みすぎると肝臓に負担をかけてしまいます。肝臓に負担をかけると体全体にも影響を与えます。喫煙は言うまでもなく肺がんや各種癌のリスクを大きく上げてしまいます。

 

また、運動不足も生活習慣病の原因になります。運動不足になると脂肪が燃焼されませんし、筋肉もつきません。その結果メタボなどの肥満体になってしまい、それに伴った生活習慣病にかかってしまうのです。最後は精神的なストレスも、生活習慣病の原因になってしまいます。このように、生活習慣病は様々な原因があるのです。

 

ワキ脱毛が人気のサロン